年齢を遡る

女性

ヒプノセラピーの中でも、最もポピュラーなものが、年齢退行療法というものです。年齢退行療法は、顕在意識と潜在意識を催眠誘導によってつなげていき、普段は思い出せない幼いころの記憶や胎児の頃の記憶につなげていきます。また、そのことを追体験していくことにより本当の自分の気持ちを確認していくことができます。辛い、悲しい、苦しい、怖い等の抑圧された感情がある場合、その記憶をこれからどうしていきたいか確認して、クライアント本人が望む記憶に書き換えて行きます。潜在意識にある抑圧された感情は、なかなか普段出すことはできません。しかし、東京のサロンでヒプノセラピーでこの潜在意識のネガティブな感情を解放させていくことにより、エネルギーをより解放させていくことが可能です。潜在意識に残るネガティブな感情をポジティブな記憶に書き換えていくことにより、日々の生活がより生きやすいものになっていきます。東京には多くのサロンがあり、多くのクライアントが過去に退行して感情の解放や書き換えを行っています。

東京のサロンでヒプノセラピーを行うことにより、通常意識していなかった問題に触れて解決を行うことができます。大人になって悩むことの80%が、幼少の頃の記憶が関係しているとも言われており、幼少期の時に経験したネガティブな感情や状況が、大人になってから問題を引き起こしているということがあります。幼少期に感じた問題は、通常意識していないことが多くこれらは潜在意識に入り込んでいかないと解決が難しいということもあります。東京のサロンでヒプノセラピーを受けることにより、自分では意識していなくても周囲の人から明るくなったという評価を受けることもあります。ネガティブな感情や状況に一つ一つ向き合って、ポジティブな感情に変えていくことにより自分自身をより輝かせていくことができます。